Surprised Blog

話題のニュース、流行の商品やサービスの情報をまとめた記事や雑学系の記事をメインに投稿します。ふと目にして役に立つような情報を発信するのが目標のブログです。

今年はエルニーニョ?気になる今夏の台風 | 台風とエルニーニョの関係

f:id:Surprisedblog:20190522213612j:plain

skeezeによるPixabayからの画像

気温もあたたかくなり、もうすぐ夏も本番です。

 

夏と言えば気になるのが気候

 

梅雨や台風は毎年、忘れることはありません。

そこで、今回は日本の台風に大きく関わっていると言われているエルニーニョ現象について取り上げました。

エルニーニョ現象とは

 太平洋赤道域の東側の海面水温が平年より高くなり(2,3℃くらい)、1年以上続くことを言います。

 

 エルニーニョ現象が起きると、日本を含め世界中で異常天候が起こると言われています。

 

 エルニーニョ現象発生時は偏東風が弱まり、西部(インドネシア辺り)の暖かい海水が東部に流れます。

 東部では、海水温が平年より高くなります。

 

 よって、積乱雲の発生が平年より東側で起こることになります。

 

 つまり、台風の原因となる雲(低気圧)が東側で発達するので、日本において、

 

 エルニーニョ現象発生時は台風が少ない 

 

 と言えることになります。

 ラニーニャ現象

  エルニーニョ現象とは反対に、東側の海面水温が平年より低い状態が続くことを、ラニーニャ現象と言います。

今年は・・・

 さて、気になる今年の状態は。

 気象庁の情報によると、現在(2019/05/22)エルニーニョ現象が発生しているとのことでした。

 

 今年は台風が少ない可能性が高いです。

 

今まで

 下の図は気象庁の台風の数とエルニーニョ現象・ラニーニャ現象のデータです。

※台風の数

 1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月 年間
2018 1 1 1     4 5 9 4 1 3   29
2017       1   1 8 5 4 3 3 2 27
2016             4 7 7 4 3 1 26
2015 1 1 2 1 2 2 3 4 5 4 1 1 27
2014 2 1   2   2 5 1 5 2 1 2 23
2013 1 1       4 3 6 7 7 2   31
2012     1   1 4 4 5 3 5 1 1 25
2011         2 3 4 3 7 1   1

21

2010     1       2 5 4 2     14
2009         2 2 2 5 7 3 1   22

※エルニーニョ現象及びラニーニャ現象の発生期間

エルニーニョ現象 ラニーニャ現象
  2007年春~2008年春
2009年夏~2010年春 2010年夏~2011年春
2014年夏~2016年春 2017年秋~2018年春
2018年秋~

 

 図を見てわかるように、 エルニーニョ現象発生時期は台風が少ない傾向にあると言えます。

 

 気象学は、普段の生活で起こることでも、知っているようで知らないことも多く興味深いです。気象学に少しでも興味がある人はこちらの「一般気象学第2版補訂版 [ 小倉義光 ]」が楽しめると思います。

 

f:id:Surprisedblog:20190519035424p:plain